美味しい

美味しいしじみ汁の作り方

肝臓のために、しじみ汁を食べる習慣を付けるのはいいことです。
しじみ汁はせっかく作るなら、美味しいものにしたいですね。
しかし、それに加えて簡単でなければ面倒です。

最初にしないといけないのは砂抜きです。
塩水につけて2-3時間置いておきます。
そうすると、老廃物を出してくれます。

砂出しは簡単です。
ボールにしじみを入れて浸しておくだけです。
そして次にできるのが、アクだしです。

アクを出させるための方法は沸騰したところにしじみを入れるのではなく、水の状態からしじみを入れて煮ていきます。
時間が経つとアクが浮いてくるのでおたまですくって行きます。
ここで、だしを入れます。

だしに関しては、しじみで結構味がするので、薄いだしで十分です。
だしの素の場合も少しで大丈夫です。
味噌を溶かしていきます。

しじみから塩が出るので、味噌は味を確認しながら入れていくのがベストです。
しじみの種類によって変わってくるのでそれも気を付けないといけません。
一般的なヤマトシジミの場合は、白味噌が相性がいいです。

最後に薬味を入れて完成です。
冬に食べる場合は体を温めるために七味などをいれることができます。
それで味も締まります。
非常に簡単で手間がかからず、しかも体にいいのがしじみ汁のポイントです。

このページの先頭へ