美味しい

しじみの旬とレシピ

しじみの旬は二回あります。
土用のしじみというように、夏に採れるものです。
夏にうなぎを食べて元気をつけるのと同じで、夏のしじみは旬を迎えるので非常に栄養価が高く、夏バテを防ぎます。

おすすめは、夏に食べるしじみの醤油漬けです。
調味料を合わせて鍋にかけ粗熱をとります。
しじみを鍋に入れてお湯に浸し、蓋をして蒸らします。

そんなに時間は必要ありません。
そして合わせ調味料につけこんで終了です。
非常に簡単ですがこれが美味しいです。

本場は紹興酒に醤油で、にんにく、鷹の爪ですが、日本酒でも全然代用できます。
酒のつまみにも、ごはんのおともにも最高の一品です。
そしてこの調味料があれば作れるのが、しじみの醤油炒めです。

これもしじみをフライパンに入れて醤油、紹興酒で炒めます。
そうすると口を開けるのでそのタイミングで、ラー油、鷹の爪を入れれば出来上がりです。
しじみ料理の特徴は簡単でおいしい、しかも元々塩が入っているので調味料も複雑ではありません。

これだけでご飯が何杯でも食べられます。
夏以外では、冬に採れるものも美味しいです。
寒しじみといい、栄養を蓄えて冬を越そうとしているしじみも非常に栄養価が高く魅力的な一品です。
また、しじみは冷凍するとよりおいしくいただけます。

このページの先頭へ