美味しい

弱った肝臓を修復する食材「しじみ」

日本食はとにかく、内蔵にいいですし、体にもいいです。
魚介類に含まれる成分は本当に素晴らしい栄養素が含まれています。
しかし、今の時代は食が欧米化してきました。

動物の油を多く摂取するようになり、栄養もかなり偏っています。
これでは内蔵も体も悲鳴を上げるのは当然です。
ここで、肝臓のためにできる事があります。

それはしじみを摂取することです。
しじみには疲れた肝臓を修復させる効果があります。
しじみにはタウリンという物質が含まれていて、肝臓の再生を促してくれます。

また、肝臓には解毒作用があり、体外から取り入れられた毒となる物質を退治してくれます。
これにより、体が影響を受けずに済むのです。
内蔵でありながら病院の様な働きをしてくれています。

その肝臓の解毒作用を活発化させる力がタウリンにはあります。
ですから、しじみを摂取することで、肝臓を回復させることができるのです。
今まで頑張ってきた肝臓にも癒しが必要であるということです。

しじみは低脂肪で消化、吸収しやすい特徴もあるので、その点でも魅力的な食べ物であると言えます。
肝臓は今まで働いてきました。
ですから修復が必要です。
しじみを摂取する良い習慣を身につけて、お酒を減らしましょう。

このページの先頭へ