美味しい

さまざまな薬効のあるしじみ

しじみは薬効があります。
薬の様な効果を発揮してくれるのです。
それゆえに土用のしじみは腹薬と呼ばれています。

それだけ様々な効果を期待することができるということです。
具体的に上げると、アミノ酸が非常に多く含まれます。
また必須アミノ酸が多く含まれる特徴もあります。

必須アミノ酸に関しては、体内で作り出すことができないので、どうしても食物から取り入れる必要があるのです。
そこで、しじみを食べるとバランスよく必須アミノ酸を摂取できます。
これが大きなポイントです。

結局私たちの体はアミノ酸でできているので、細胞の修復にもアミノ酸が用いられます。
ですから、疲労回復、内蔵のケアに薬のように働きかけてくれるのです。
他にも、肝臓のケア、貧血防止、生活習慣病の予防、癌の予防と病気の予防にはもってこいの食材です。

とりわけ、血液をきれいにしてくれる役割を果たしてくれます。
食べ物が良くないとコレステロールが貯まります。
それが血管内で傷に触れるとそこでかたまりだします。

それが血管を詰まらせてしまうのですが、シジミを摂取することで血液サラサラにできます。
血液サラサラが実は生活習慣病に打ち勝つ大きなポイントになります。
しじみは薬のような力を発揮します。

このページの先頭へ